人気ブログランキング |

備える男  [Kaznostic Front / 神闘歌]
by shinto-ka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2021年 02月
2020年 10月
2019年 03月
2019年 02月
2017年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Free downloa..
from Free downloads.
Free downloa..
from Free downloads.
Free mp3 dow..
from Free music dow..
Scat dommes.
from Women scat.
Download you..
from Download youtu..
Free wooden ..
from Free wooden po..
Austin weddi..
from Austin wedding..
Adderall army.
from Adderall army.
Oxycodone 60..
from Oxycodone endo..
Tonalin cla.
from Cla.
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


生きるということ

あっという間にひと月が過ぎた。
2020年末のM1グランプリではクスリとも笑えなかったし大晦日の紅白歌合戦は少しも琴線にふれなかった。
我が家のトイレは壊れ、外の水道管は凍結して
派手に破裂した。
人生初の悲しい年越しとなった。
コロナ如きに負けまいと踏ん張って来たつもりでいたがどこかで歯車の噛み合わせがズレていたのかもしれない。
家族や仲間が健康なのが唯一の救いである。


出鼻を挫かれてスタートした2021年だが漫才師ウーマンラッシュアワー村本大輔の新刊著書を読んで一気に流れが変わった。
雲の切れ間から光が差した。
SNSから少しだけ距離を置き、街でバッタリ旧友と再会するあの感覚を大切に新しい態度で世界と向き合うとなんだか未知の歯車が動き出した。

そのひとつとして
今年から日常の仕事とは別に毎週土曜日夕方6時から夜9時まで、とある学校でのお手伝いを始めた。

通って来られる生徒さん達は様々で、
子供からお年寄り、日本で暮らす外国籍の方々。
戦後の貧困や差別、病気、不登校ほか色んな事情で義務教育が修了出来なかった人達などが集う。


今まで若い不良バンドマンに「アニキッ!」
とヨイショされたり、
パブで外国人ホステスに「シャッチョサン!」
と煽てられたりしたことはあるが
面と向かって「センセ!」と声をかけられるのは生まれて初めてなので中々慣れないし恐縮する。

勿論自分は教員免許など持っていないので
ナンチャッテ先生なのだが気持ちは手塚漫画に登場するブラックジャック。
無免許だけどやりたい放題。
「俺なんかに」という不安と「いや俺にだって」という気合い。
先日はブラジル人男性の平仮名と片仮名、漢字習得をお手伝い。
学習して体得する喜びを逆に生徒さんから教えてもらった気がした。


昨年までの「毎週土曜日になれば早い時間から大酒飲んでひっくり返ってた」のも俺の人生。

「前日の酒を少し控えて夕方から夜遅くまで試行錯誤して生徒さんの学習に寄り添う」のも俺の人生。


自分の人生は自分で決める。



『学ぶことは生きること』
とういうこの学校を主催する先生の熱い想いに心を打たれたひとりとして、
しばらく通ってみようと思う。



自分自身のイメージとしてはドリフターズの
コントもしもシリーズで例えると

『もしも高倉健みたく
不器用で寡黙な先生がいたら.....』
です。

実はただ単にスキルが無くてあたふたしてるだけなんですが。




生きるということ_b0084739_18425945.jpeg
生きるということ_b0084739_18433706.jpeg
生きるということ_b0084739_18441900.jpeg


# by shinto-ka | 2021-02-01 18:41

命を救った話し

噂ばなしってのはほぼ原型を留めずに人に伝わる場合が多いですよね。

自分は毎日病院で働いておりまして。

しかし看護師でも医師でもないただの雑用

(但し夜のお医者さんとしては活動中)なので専門的な医学知識は殆ど無い。

今朝いつも通り仕事をしていると同じ現場のパートのおばさまが走り寄って来て

「大変!外の廊下で女の人が頭から血を流して倒れてる!」とボクに言うんです。

正直最初は聞こえなかったフリをして逃げようと思ったんですが、いや待てよと。

それじゃあ当たり障りの無い至極平凡な俺の人生に傷がつくではないかと。

そこで勇気を振り絞って廊下の方へと向かいました。

多分その時まっ白い顔してたと思います自分。

だって人様を助けるスキルなんて全く持ち合わせて無いのですから。

そしていざ廊下に出てみると確かに額から赤い血が少し流れている女性がひとり。

本人に聞くと軽く転んで台に頭をぶつけたらしい。

想像していた大惨事よりか随分とスケールの小さい怪我に安心した自分は水を得た魚のように正気を取り戻し、

パートのおばさまに休憩室から救急箱を持って来させると幼少の頃母親にしてもらったみたいに消毒液をちょんちょんちょん。絆創膏をペタ。後は常駐スタッフにバトンタッチして任務完了。


相手の女性からも大変感謝されすっかり気を良くしたボクは持ち場に戻り、十数人いるパートのおばさま達ひとりひとりに今あった出来事をたいそう大袈裟に身振り手振りで説明する事にこの日の業務時間の大半を費やしました。


明日仕事場を歩けばきっと

「人の命を救った男」として

皆んなの視線を浴びるのでしょう。


命を救った話し_b0084739_17464938.jpeg


# by shinto-ka | 2020-10-30 17:43

ヒーローになる方法

最近「ヒーロー(英雄)」って言葉をあんまり聞かなくなりましたが


「ヒーローは故郷に帰って本当のヒーローになる」

と少し前に何処かで聞いてナルホドと感心した事がある。

映画ロードオブザリングの主人公達も男はつらいよの寅さんもそう。

皆んな長い旅や冒険を経て生まれ育った家に帰る。

故郷には家族や仲間、昔を知る人々が待っていて無事生還を祝福する。


ボクシングのチャンピオン、ドームを満杯にするロックスター、ノーベル賞を受賞した科学者。

その人達が本当に報われるのは

テレビに出てインタビューを受けたりファンにラブレターを貰う時では無く、

何年振りかに生家に帰り、母親の手料理を食べたり部屋の隅にある仏壇の祖父の位牌に手を合わせる時だと思う。

その時初めて『我』に帰り物語りが完成するのではなかろうか。


ある程度の年齢になると殆どの人達は自分が「スーパースター」にはなれない事を知る。

むしろそんな事を考える余裕すら無くなる。


でももし朝家を出て自分や家族が食べる為に仕事をして夜家に帰り

「お帰りなさい!」

と誰かに迎えられたなら、

誰もがもう既に誰かにとっての「ヒーロー」なのかも知れない。


そんな事を仕事の休憩中にひとりで考えて

自分自身を慰めるボクでありました。


ヒーローになる方法_b0084739_19572942.jpeg


# by shinto-ka | 2020-10-29 19:55

笑ってゆるして

自分はかなりのポジティブ思考である。

捉え方によってはおめでたい奴である。

どうにかなると信じて来たし実際にどうにかなって来た。

小言は耳には入れないし外野の野次には興味が無い。

そんな自分でも腹立つ事は腹立つしムカつく相手にはムカつく。

罪を憎んで人を憎まずとはよく言ったものだがそれでも罪を罪とも思ってない人間には関わりたく無い。


仏教の教えでは生きとし生けるものすべての幸せを願いなさいとある。

家族や親族、仲間や世話になっている人々の幸せを願うのなら話しが分かるし大いに願いたいところだがここからが本題、


自分にとって害を及ぼすような人達の幸せも願い慈しみなさいとおっしゃる。

相手に屈するみたいで初めは「無理無理無理ーーー」と知らぬがホトケで過ごそうとしたが、いや待てよという事で実践してみました。


するとどうでしょう、身体も心も軽くなり自分が仏になった気分になるではありませんか。嘘だと思うなら願ってみてください。頭の中で嫌いな人物を思い浮かべて

「この人の態度や行いにはきっと原因がある。きっとしょうがなくてやってるんだ。なんて可哀想な人。この人も幸せになれますように。」これであなたも直ぐに仏になった気分になれます。


でももしそれでも怒りが治らず殺意を覚えるような事があれば

竹中直人みたく笑いながら怒るという方法がおすすめ。


笑い合える仲になるかもです。

笑ってゆるして_b0084739_16521062.jpeg



# by shinto-ka | 2020-10-28 17:51

『幸せ』と感じる『心』を持てることの幸せ

『人は何のために生きるのですか?』

という女子中学生のストレートかつシンプルな質問を見かけて朝から色々と考えてみた。


自分なら『幸せになるため』と答えると思う。

しかし『幸せ』とは千差万別、人それぞれ。


我が家の近所に老人介護施設がある。

そこに認知症のお婆さんがいてよく、

「お昼ご飯はついさっき食べましたよー」

と介護士さんに諭されている。

天気の良い日は外に出て、カラスが鳴くとそれに合わせて

「カア、カア、カア」

犬が吠えると今度は

「ワンッ、ワンッ」

と実にいい顔をして楽しそうに声を上げる。

数時間後には当人はその事を憶えていない。

お婆さんは、そしてその家族は『幸せ』なんだろうか。


幸せと感じる『心』の定義も難しい。

解剖して取り出した心臓を指してこれが『心』の正体ですと言う人はまず居ない。「嬉しい」「悲しい」、「辛かったけどもう大丈夫、楽しくなってきた」などの感情の変化も全て含めて『心』


そんな得体の知れない『心』が感じる『本当の幸せ』とは何なんだろう。



『幸せ』と感じる『心』を持てることの幸せ_b0084739_13235390.jpeg




# by shinto-ka | 2020-10-27 10:56

『何がなんでも』から『何でもない』へ

お坊さんでもないただのバンドマンの端くれなのに
悟りを開いてみたいと本気で坐禅に取り組んで数ヶ月。
毎日毎日1〜2時間、座れども座れども新たなハテナが増えるばかり。
亡き先人の書物にヒントを探してみたり、禅老師に会いに行って教えを乞うたり。
「坐禅」という格好をつけるのは日に日に上手くなるのに、なかなか真髄に触れる事が出来ない。

そんな矢先、Apple社元CEO スティーブ・ジョブズの禅の師と言われる乙川弘文老師についての本を読んでなんとも言えない不思議な気持ちになり、
そして今読み進めている藤田一照老師の本により、
自分は坐禅のやり方をすっかり変えようという気になりました。

具体的にどういう事かと言うと、今までは
『絶対に悟ってみせる』
と気負って力が入り過ぎてたんです。
掴もう、掴もうと必死で長時間坐るのにもある種の気合いで挑んでいた。
そうではなくてこれからは手放して捨てようと。
一切を放ってしまおうと。

『坐禅』もこの『日記』も
また新たに始めたいと思います。
よかったらお付き合いください。


by. KAZNOSTIC FRNONT
『何がなんでも』から『何でもない』へ_b0084739_15495461.jpeg


# by shinto-ka | 2020-10-26 11:00

龍馬の見た夢 ボクの見る夢 〜切る憂TOUR 高知CHAOTIC NOISE〜

2019.3.24(日)




文久2年(1862年)324日、土佐を脱藩した坂本龍馬。

その丁度157年後、平成31年(2019年)324日の朝、僕等は高知へと向かう。



龍馬は志を胸に故郷を出ることによって「土佐人」から「日本人」となった。

僕等は県外へライブしにいくことによって「何」になるのだろう?

願わくば色んな人と会って前より強く、優しくなれたら嬉しいな。



愛媛松山から高知への道中、すっかり春が訪れた山々を流れる川沿いを3時間余り。

途中、道の駅で摘み食いしたり昼寝をしたりして今夜のライブ会場 高知CHAOTIC NOISEに到着。

社長の井上さんにご挨拶してリハ。本番まで少し時間があるので、呑み助の聖地「葉牡丹」へ。

先に高知入りしたTINNITVSのメンバーはこれまた観光名所「ひろめ市場」で前打ち上げ。パワーチャージ。会場に戻り、午後19 イベントスタート。



1番手は『STAD FILLER』。

3ピース、ゴリゴリのハードコアバンド。小柄で若い女性ヴォーカルがデスボイスでフロアーを暴れ回る。写メ撮ろうにも全部ブレブレ。ハードコアのヴォーカルにこんなこと言ったら失礼かもしれないけど、可愛いかったです。



2番手は『TUSKS』。

ハードコアサウンドに男気日本語歌詞が乗る男前スタイル。

TUSKSとは岡山や大阪でも一緒にやっていて、もはやマイメン。今回もストレートな直球を見事くらいました。見た目のヤンチャさとは裏腹にお酒大好きな心優しいパンクス。乾杯。



3番手は岡山から『TINNITVS』。

一見バラバラに見える四人それぞれの個性が融合し、生み出すスパイラル。昨日の松山より少し硬くなってる気もしたけど、それがまたいい緊張感を生んでました。

メンバーが個別に行っている様々な活動も皆さんに是非知っていただきたい。



4番手は『スケベ椅子』

自分、スケベ椅子の隠れファンなんです。隠れなくてもいいんですけど。高知のDaft Punk!!!いつ見ても何だか不思議な世界に連れて行かれちゃう。しかも合法です。



5番手は『THE BROKEN HEARTS CLUB

地元でも大人気。皆んなステージに詰め寄りシンガロング。ハードなサウンドに気持ちのいいメロディー。思わず拳を振り上げたくなる清々しいライブに感激。



最後6番手は我々『神闘歌』

ここCHAOTIC NOISEでは何度もライブをさせてもらってますが、この度は自身のレコ発という事でまた新たに気合いを入れ直してステージ上へ。自分が上半身裸で叫んでるとパンクスの皆んなも脱ぎ出す始末。汗と笑顔が溢れるあっという間の40分でした。

沢山の方々に観てもらえて感謝です。もっともっと己を磨いて

次回、もっといいライブが出来るよう頑張ります。



物販を終え、機材を撤収して打ち上げ会場はもちろん「赤たぬき」。

ここでも美味い酒に美味い飯。聞こえてくる高知弁に耳を澄まし心から酔う。岡山勢が自分以外明日も仕事の為、宴の途中で退席。

充実した時を過ごせて満足。

高知の皆さん、お付き合い頂き

ありがとうございました。

夜明け前にホームタウン岡山に到着。
















皆んなの心にまだ龍馬は

生きちゅう。






龍馬の見た夢 ボクの見る夢  〜切る憂TOUR 高知CHAOTIC NOISE〜_b0084739_21001199.jpeg
龍馬の見た夢 ボクの見る夢  〜切る憂TOUR 高知CHAOTIC NOISE〜_b0084739_21005400.jpeg
龍馬の見た夢 ボクの見る夢  〜切る憂TOUR 高知CHAOTIC NOISE〜_b0084739_21023493.jpeg
龍馬の見た夢 ボクの見る夢  〜切る憂TOUR 高知CHAOTIC NOISE〜_b0084739_21031459.jpeg
龍馬の見た夢 ボクの見る夢  〜切る憂TOUR 高知CHAOTIC NOISE〜_b0084739_21035358.jpeg
龍馬の見た夢 ボクの見る夢  〜切る憂TOUR 高知CHAOTIC NOISE〜_b0084739_21043722.jpeg
龍馬の見た夢 ボクの見る夢  〜切る憂TOUR 高知CHAOTIC NOISE〜_b0084739_21052333.jpeg
龍馬の見た夢 ボクの見る夢  〜切る憂TOUR 高知CHAOTIC NOISE〜_b0084739_21061199.jpeg
龍馬の見た夢 ボクの見る夢  〜切る憂TOUR 高知CHAOTIC NOISE〜_b0084739_21065045.jpeg
龍馬の見た夢 ボクの見る夢  〜切る憂TOUR 高知CHAOTIC NOISE〜_b0084739_21072853.jpeg


# by shinto-ka | 2019-03-28 20:53

ナメたらイカスぜ桃太郎パンクス 〜切る憂TOUR 松山Bar Caezar〜


2019.3.23(土)


朝から何度も忘れ物が無いか確認。着替えのパンツ、靴下。歯ブラシに髭剃り。フライヤーにポスターに物販用のtシャツ


そして何より、『俺様・生き様・お陰様』のタマシイを込めた神闘歌のニューアルバム『切る憂』。


この度の全国ツアーにはそれぞれの場所にホームタウン岡山から

イカしたバンド・アーティストを連れて行くと決めていて、今回の四国2DAYSには『TINNITVS(ティナイタス)』。Vo.リュウ、Gt.コニー、Ba.ユウダイ、Dr.ガレスからなる緩急自由に交差するハードコアバンド。


車をぶっ飛ばして夕方には愛媛の松山市に着。リハーサルして本番。先にリハを終えたTINNITVSは名物豚足と自家製マッコリを喰らってほっこり。羨ましーーー。


さてさて、松山と言えば鬼才 SPACEGRINDERの亀井くん。今日はDead Puddingとして参戦。このバンドの前身バンドと自分が昔やっていたバンドTHRASHERS20年程前に岡山のライブハウスpepper landで共演してると知って驚き!世の中が狭いんじゃあなくて、俺達が時を超えて続けてるからこその再会と確信。


イベントの方は、ノイズユニットからギターソロ、プログレッシヴなハードコアバンド。

DJも皆んなジャンルに縛られずに自由な感じで楽しませてもらいました。


ライブ後の打ち上げでは酒と魚。

たらふく食べて飲んで二次会はまさかのカラオケ。自分のライブだけではまだ満足出来ない流石のバンドマン達。


この後ちょっとしたトラブルで警察の機動隊まで出動する騒ぎとなりましたが、ここは亀井くんの大人な対応(ほんとは一番相手に怒ってたハズ)で事態は収拾。

どんなに腹立てても腹から笑って許して。

この真っ最中に松山の女の子をナンパしていたのはうちのDJ i .○. rです 笑。


三次会は今宵の宿に予約してもらっていた公民館にて。ここは初めて来たのになんだか懐かしく感じる場所。コンビニでツマミとビール買ってあんな話しやこんな話し。夜も更けてひとりふたりと寝袋で夢の中へ。

いい夢旅気分。


翌日は朝からオープンな銭湯があるとのことで皆んなでひとっ風呂。カラダもココロもさっぱりしたところで、また缶ビールを飲み出した亀井くんとお別れ。


Dead Pudding、八百奇天烈トリ[CRAPNET+八起+Ryo]、HoriDJ Ogura DJ AYM、岡山からのTINNITVS

学生時代からの仲間ガク、お客様、Bar Caezarの方々、皆さんどうもありがとうございました。


さあ、いざ我ら桃太郎パンクスは

今夜の戦の場、高知へ向かいます。






to be continued..






ナメたらイカスぜ桃太郎パンクス 〜切る憂TOUR 松山Bar Caezar〜_b0084739_18504788.jpeg
ナメたらイカスぜ桃太郎パンクス 〜切る憂TOUR 松山Bar Caezar〜_b0084739_18514806.jpeg
ナメたらイカスぜ桃太郎パンクス 〜切る憂TOUR 松山Bar Caezar〜_b0084739_18530327.jpeg
ナメたらイカスぜ桃太郎パンクス 〜切る憂TOUR 松山Bar Caezar〜_b0084739_18593621.jpeg
ナメたらイカスぜ桃太郎パンクス 〜切る憂TOUR 松山Bar Caezar〜_b0084739_18545549.jpeg
ナメたらイカスぜ桃太郎パンクス 〜切る憂TOUR 松山Bar Caezar〜_b0084739_18553500.png
ナメたらイカスぜ桃太郎パンクス 〜切る憂TOUR 松山Bar Caezar〜_b0084739_18560500.jpeg
ナメたらイカスぜ桃太郎パンクス 〜切る憂TOUR 松山Bar Caezar〜_b0084739_18571011.jpeg
ナメたらイカスぜ桃太郎パンクス 〜切る憂TOUR 松山Bar Caezar〜_b0084739_18575861.jpeg
ナメたらイカスぜ桃太郎パンクス 〜切る憂TOUR 松山Bar Caezar〜_b0084739_18584234.jpeg


# by shinto-ka | 2019-03-27 18:00

俺の名は


岡山表町、いつもの練習スタジオにひとり。

家で焼いたCD-Rをデッキに突っ込んで再生するカラオケスタイル。

裸電球くらいまで暗くした室内で同じ曲を何度も何度も繰り返す。

仕事ならとっくに放り出してるが、これは仕事じゃあない。

俺の勝手な勝手でやってること。

自分で考えて作ったリリックなのに何度も何度も間違える。

でも放り出さない。

先輩 後輩、たくさんの大切な人達  

から

『レコ発ライブ楽しみにしてるよ!』

って連絡をもらってたから。

誰もいないのに、誰もいないから  

こそ練習中に何度も涙が溢れた。

皆んなの顔が脳裏をよぎった。

もはや俺の事なんてどうでもいい。

自分の中で時を超えて色んな感情が渦巻いていた。








そして迎えた223日。


神闘歌9年振りのアルバム

レコ発ライブ。

箱を開けると予想を遥かに越える  

たくさんのお客さんのお陰で見事忘れられない夜に。



『ありがとうございました』

に勝る感謝の言葉が見つかりません。


ほんとに

『ありがとうございました』












神闘歌、DANCE MY DUNCETINNITVS

DJ KENPADJ 識、DJ i.h.r






THE TIME HAS COME

WE WILL GO !!!!!!






旅の始まりです。












to be continued.........

俺の名は_b0084739_19333307.jpeg


# by shinto-ka | 2019-02-24 19:27

THA 照れVISION

先日、生まれて初めて『神闘歌』としてアーティスト写真を撮って頂きました。

ほんと思いつきです。
でもなんか、タイミング的には今かなと。

スマホで誰でもカッコ良くそれなりに撮って発信出来る昨今。
ライブ会場でも若い女の子達がお目当のミュージシャンを高価な一眼レフを首からぶら下げて追いかけるご時世。
それはそれで凄く良いことだと思います。
でもでも色々と思うことあって、だからこその今回。

自分勝手なお願いをしたカメラマンは
『杉浦慶宅(慶太)』さん。
数年前に湯の郷のdot caffeで、ディジリドゥー奏者のNATAさんとヒューマン・ビート・ボックスのMaLさんと神闘歌の3人セッションLIVEを偶然観て頂いて以来のお付き合い。
その後も杉浦さんの写真展イベントでライブしたり、一緒に飲んで語って、また飲んだり
笑。

自らをチンピラカメラマンと謙遜する彼の作品は世の本気な人々のハートを鷲掴み(含、村上隆)。

1月頭、極寒な撮影場所で
汗だくになりながらバンドマンの端くれを
切り撮り続けて下さった杉浦さんに感謝。

アルバムジャケット、
若しくは遺影にありがたく使わさせていただきます。






※ナルぶりご勘弁 w
THA 照れVISION_b0084739_22272372.jpg
THA 照れVISION_b0084739_22285471.jpg
THA 照れVISION_b0084739_22291641.jpg

# by shinto-ka | 2017-01-28 22:26